予算はしっかり明文化を

MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

予算はしっかり明文化を

予算はしっかり明文化を

家を建てるとき、予算の明文化は必要不可欠です。

 

  • 土地にかけられるお金はいくらか?
  • 建物自体にかけられる予算は?
  • オプションで入れられる限度額は?
  • インテリアはどうする?

などなど、決めるべきところはたくさんあります。

 

憧れや理想を詰め込めるだけの潤沢な資産があれば別ですが、
そうでなければ、まず銀行に行って限度融資額を出してもらいましょう。
これがなければ何も始まりません。

 

 

しかし限度額が出たからといって、この金額目一杯で建ててしまうと、
不測の事態が起きた時に対応できません。

 

そのため、限度額から1000万円〜500万円繰り下げた金額で
借りるのがよいでしょう。

 

※賢い住宅ローンの組み方はこちらの記事を参考にしてください

 

 

予算の組み立てと目安

予算が決まったら、この予算の中から、土地代と家にかけられる金額をまず決めます。
建物の金額を算出してから土地代を逆算してもいいし、逆でもいいでしょう。

 

さて土地代の目安ですが、これは本当に様々です。
卑近な例だと、総価格の1/6〜1/4くらいでしょうか。

 

家自体にかけられるお金ですが、余剰金額は必ず300万円ほど残してください。
照明だけでも50万円の予算を持ちたいし、
エクステリアも業者に頼めば最低100万円です。
家具や引越し費用でも50万円は飛ぶでしょう。

 

土地改良費や諸手続きの費用、税金などを考えれば、100万円を残していても
決して十分な金額とはいえません。

 

 

予算はしっかり明文化をする必要があります。
そうしてさえ焦げ付いてしまう可能性や
予想していなかった散財があるものですから、
書き出せるものは必ず文字でまとめましょう。


 

 

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。