家内部の間取りとインテリア

MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

家内部の間取りとインテリア

実際の家の内部はどうなっているのか、
インテリアを安く上げるにはどうすればいいのか。

 

注文住宅の特徴を最大限に生かしたこだわりの内部を紹介するとともに、
家具を安くあげるうらわざをお教えします。

 

家内部の間取りとインテリア記事一覧

内部を見ていきましょう。まずは自慢のキッチンです!写真で紹介!!全体図全体図。はっきり言って、めちゃくちゃ広いです。収納床下収納はオーブンの前にありますが、この位置も非常にこだわりました。洗い場の前がいい? 調理器前か? 裸足で立つなら、どこなら邪魔にならない?実際に床下収納を使っている友人の家の台所に立たせてもらい、決めました。圧巻の収容スペース。食器棚がありません。全てここに収容しています。十...

家の顔であるリビングは、かなり狭いです。その為、テーブルとテレビ以外はおいてありません。写真で紹介!!全体図この机は中古品。イス6脚+机で、2万円でした。基本的に中古品には抵抗がありません。いいものを安く買えるし、家具などは古いものの方が味があっていいと思う事もあります。この机に決めた瞬間、「赤いテーブルセンタークロスが欲しい!」と思ったので、時間をかけて探しました。しかし理想どおりのものがみつか...

ふきぬけは、外見上の理由と実用的な理由から取り入れました。写真で紹介!!下からの図リビングから見た図。このふきぬけも夫の希望でした。上からの図これは上からの見下ろし図。リビングの大きな窓については、リビングの項目で触れましたが、上にも大きな窓があります。また、階段の横面にも大きな窓があり、階段をあがっていくごとに、景色が変わっていきます。ロールカーテンで日差しを遮る事も出来ます。ライト壁面に取り付...

和室も作りました。階段下の引き戸と玄関からつながっています。家には絶対に畳の部屋が欲しい、というのが私たちのこだわりでした。予算的に非常に厳しかったので、4畳くらいの大きさかなぁと思っていたのですが、私が百人一首を趣味にしているので、札をはねられる大きさに、となりました。写真で紹介!!全体図全体図。板間は義両親のアドバイスでつけました。これがあるだけで部屋に広がりがでるよ、との事でしたので取り入れ...

続いてバスルーム。写真で紹介!!脱衣所脱衣所です。前に住んでいたアパートは昭和の建物で、洗面台がものすごく小さかったんです。これの半分以下の大きさだったし、普通に顔を洗うだけで足元が水びたしになる有様でした。また脱衣所も本当に狭く、2/3くらいの大きさでした。それがとてもストレスで、ちょうど真ん中のグレードの物を選びました。後ろ側に小さなタンスやタオルを入れるスペースがあるので、かなり便利です。脱...

ここから先は2階になります。1階にあるのは、リビングダイニング、和室、バス、トイレ。2階には、トレーニングルーム(子供部屋)、書斎、図書室、寝室、トイレを割り振っています。今回の記事では、3つめのこだわりポイントである図書室を紹介しましょう。私たち夫婦は、大量の本を持っています。漫画、技術書、小説、その他諸々。それを納めるためには膨大な本棚が必要です。また、今から20年ほど前に見たテレビ番組で、「...

一日の大半をすごす書斎は、とてもシンプルなつくりです。もともと2階の部屋は、間取りなどにはこだわっていません。また「オシャレにつくろう」「格好よくつくろう」という気持ちもなく、「如何に機能的で無駄なく作るか」「如何に動きやすく作るか」に重点を置いています。写真で紹介!!全体図奥側が私の机、手前が夫の机です。在宅で仕事をする私にとって、一日の大半をすごす部屋なので、真っ先にエアコンを入れました。机は...

次に紹介する部屋は、2階の半分ほどを占めている子供部屋です。今はトレーニングルームとして使っているんですけどね。写真で紹介!!全体図10畳ほどの部屋で、扉が二つついています。真ん中をベッドなどで仕切れば、二つの部屋として使えるようになっています。私は2人姉妹だったのですが、家が建ったのが10歳の時でした。姉とは5つ違いで、思春期の頃だったので、「自分の部屋」というのにとても憧れていたのです。ただ、...

お部屋紹介のトリである寝室は、とっても狭い4畳半。写真で紹介!!全体図ベッドサイドにあるカラーボックスの上には板を置き、大きなサイドテーブルにする予定です。私の認識として、寝室はその名前の通り「寝る部屋」であり、リラックスルームではありません。ですからこの部屋には、ベッド以外のものは何もないです。寝室=眠る部屋、という概念部屋自体もとても狭く、ベッド以外はほとんどものが置けません。寝転がってテレビ...

今まではお部屋の紹介でしたが、最後にトイレを見ておきましょう。1階と2階にあります。写真で紹介!!1階トイレ一階のトイレはこれ。お客様が使う事が前提なので、シックにまとめてあります。一階の全体のカラーリングにあわせ、マットなどは茶色をチョイス。便座は暖房機能やウォッシュレットがついています。本当はタンクレスがよかったのですが、金額が跳ね上がるので、結局従来どおりのものにおちつきました。手洗い場はや...

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。