ふきぬけ-こだわりどころA

MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

ふきぬけ-こだわりどころA

ふきぬけは、外見上の理由と実用的な理由から取り入れました。

 

 

写真で紹介!!

下からの図

ふきぬけ-こだわりどころA

 

リビングから見た図。このふきぬけも夫の希望でした。

 

上からの図

ふきぬけ-こだわりどころA

 

これは上からの見下ろし図。

 

 

リビングの大きな窓については、リビングの項目で触れましたが、
上にも大きな窓があります。
また、階段の横面にも大きな窓があり、階段をあがっていくごとに、
景色が変わっていきます。ロールカーテンで日差しを遮る事も出来ます。

 

ライト

ふきぬけ-こだわりどころA

 

壁面に取り付けられたかわいい照明は、玄関とリビングの照明と同じシリーズ。

 

単品でもかなりの金額になるのであきらめるつもりでしたが、
やはり、「このシリーズでそろえたい」との気持ちが勝ちました。

 

ふきぬけ-こだわりどころA

 

色んな記事で出てくる、ファンつきシーリングライトがこれ。
もう、これは本当に大変でした。そして失敗の一つでもあります。

 

まずこの照明ですが、羽の端からもう一つの羽の端までの大きさが90センチ。
対して壁から窓までの距離は180センチ。
「何で問題なの? 普通に取り付けられるでしょう?」と思いませんか?
私たちもそう思って、計算して吹き抜けを作ったのです。

 

しかし、建築の安全上の問題から、
壁からライトへの距離は片方50センチ以上とらなければならない...。

 

これを知った時、もう目の前が真っ暗になりました。
どう考えても10センチ足りません。
ファンだけのものならあるし、一応80センチに収まる照明もあるのですが、
デザインがかなりひどく、おもちゃのようなファンなのです。

 

あの時10センチ広くとっていたら、と頭を悩ませましたね...。

 

結局膨大な量のパンフレットを1枚ずつ探し、ネットを駆使し、
何とかこれに見つけました。
信頼のパナソニック製、これの場合、片側からの距離が45センチでOKなんです。
これを御覧の皆様には、後悔して欲しくありません。きっちり計算しましょう。

 

 

ふきぬけは、実用性+外見で選ぶ

ヘーベルハウスの問題点の一つが、低い天井にあります。
ショールームの打ち合わせ部屋に入ったときから、
それがとても気になっていました。
建築に詳しくなくても、「あ、低いな」「あ、狭いな」と思うほど圧迫感があります。

 

その為非常に窮屈に感じますし、部屋が狭く思えるのです。
それを解消するために、ふきぬけを設けたというのが実用的な理由。

 

あとは外見上の理由ですね。「目線によって徐々に変わっていく景色」
「大きな窓とふきぬけ」は夫のこだわりでした。

 

エアコン対策として、ファンつきライトは必須です。
また、階段を上がりきったところにはスクリーンをつけてあります。


 

 

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。