MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

ローコスト住宅の理由

ローコスト住宅の理由

同じ注文住宅を作るにしても、その金額はハウスメーカーによって大きく違います。

 

注文住宅=高い、という概念を覆すようなローコスト注文住宅メーカーも出てきて、
選択肢の一つとして考えられるようになっています。
メーカーによっては一般的な注文住宅の半分で建てられるということで、
大きな注目を浴びています。

 

 

では同じ注文住宅なのに、どうしてこんなに差が出るのでしょうか?

 

まずデザインですが、これは建築家やデザイナーによるところが大きく、
意外にローコストメーカーでも高級メーカーでも変わりません。
またデザインは個人の好みが大きいので、自分の感覚にフィットするものを
選べば、気にならないでしょう。

 

 

基礎のいい加減さ、グレードの低さが最大の問題

ただ、気をつけなければいけないのは次の2つです。

 

基礎のいい加減さ

問題は、「目に見えない中身」です。

 

まずローコスト住宅は、基礎工事のブロックや壁、柱の木1本に至るまで、
全て安い建材を使っています。
断熱材や防音材も同じで、いわゆる高気密高断熱の性能は求められません。

 

そしてそれを組み立てる為の技術もまた、建売のハウスメーカーなどと同じです。
高級住宅の場合は、ハウスメーカー独自の工法、技術を打ち出しているのに対し、
ローコスト住宅には、こういう独特の工法や新しい技術は見受けられません。

 

 

また、仮に新しい技術が取り上げられたとしても、それは「如何に安くするか」
「如何にコストカットするか」に重点をおいたものですので、
高級ハウスメーカーの技術開発とは性質が大きく異なります。

 

ユニットのグレードが低い

もう一つ、大きな欠点があります。
それは、はじめに設定されているユニット(キッチンやバス、トイレ)のグレードが
非常に低いということです。

 

「まったくこだわりがない」「用意されたものを使う」と思っている人ならば、
そもそも注文住宅は選ばない筈。グレードアップの追加料金は、安くありません。

 

ユニットのメーカーも、ハウスメーカーと懇意にしているところ以外を
使おうとすると、金額が跳ね上がります。

 

 

更に、本契約前の仮契約プランでは、コンセントや土質改良費などの諸費用が
計算にいれられていない事が多いです。
本契約後、「あれも追加これも追加」となり、結果的に高くなります。

 

ローコスト住宅は、はじめの数字こそ安いものの、満足のいく家を作ろうとすれば
結局高くつく事も多いのです。

 

 

ローコスト住宅は建て替えが前提

ただ、「1000万円くらいで家を建てて、子供の成長や自立によって
3回ほど家を建て直す」という考えの人には、非常に相性がいい考え方です。

 

私の友人が、実際このような理念を元に、一戸建てを建てました。
現在7年目ですが、もうすぐローンを完済します。

 

このような考えなら、ローコスト住宅も限界が来る前に建てかえる事ができますし、
そのときどきの状況により即した住まいを作る事が出来ます。

 

 

ただ、「この家に一生住むぞ!」という人にとって、ローコスト住宅はかなりリスキーです。
安いには安い理由があります。ご注意を。


 

 

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。