MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

住友不動産

住友不動産は、とても「平均的な」水準を出してくるハウスメーカーです。
坪単価40〜60万円。
ローコスト住宅でもなく、しかし高級住宅でもなく、ごく平均的な数字と言えます。

 

 

営業マンもオールラウンダー型が多く、営業以外の経験を有している人が多いです。
これは非常に大きなメリットです。
普通なら間取りだけ、金額からだけしかアプローチできないところを、
現場の視点からも提案できるからです。

 

他の部署でまず経験をつんで、しかるべき知識がついたら営業に配属される。
このシステムは、特に「まったく分からない」「五里霧中」という顧客にとって
大きな安心感になります。

 

 

工法は2×4工法。よく知られたこのやり方に、
更にねじりやゆがみに強い鉄材を使って基礎を構築します。

 

全国の地方(北海道と沖縄のぞく)に存在し、どこの地方でも無難に建てられます。
そういう意味でも、「平均的な優等生」であり、「オールマイティ」でもあります。

 

 

下請けへのなすりつけ体質、詐欺問題について

現場の作業員にあたりはずれが大きく、下請けの会社の教育が出来ていない、
という意見をよく目にします。

 

 

たとえばブルーシート。晴れの日でもそれをつけっぱなしで作業する。
また逆に、雨がふりそうなのに一切養生しない。
現場で煙草をふかす。
ひどい場合は水栓金具に支障があったりします。

 

しかもこれを、住友不動産のせいではなく、
下請けや他の業者の問題である、と断じてしまう姿勢も、
クレームの一因になっています。

 

 

また、7年前にリフォーム工事で大きな問題を起こした事を思い返される
人も多いのではないでしょうか。
認知症の老姉妹をだまし、到底必要とは思われない工事を、5000万円もかけて
行ったというものです。

 

住友不動産は確かに無難で、安心感は大きいです。
しかし、下請けまでを含めた社員に、しっかりした教育がなされているかというと
どうにも疑問が浮かんでしまいます。


 

 

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。