北海道・東北地方で家を建てる

MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

宮城県の住宅相場価格と環境

宮城県

このページでは、宮城県で家を建てる時にかかる料金や相場
各種データを用いて、細かく紹介していきます。
また、地域別、路線別の環境なども紹介しています。
※データは、総務省、国土交通省などの信頼性の高いデータを元にしています。

 

 

いくらかかる?宮城県で家をたてたときの金額とは〜データ編

まずは、以下のデータを見てください。宮城県で家を建てるときの相場です。
これをもとにお話しをしていきます。

宮城県一戸建ての坪単価 木造59.4万円
鉄筋79.2万円
宮城県一戸建ての家の広さ 39坪
宮城県の土地代(1坪当たり) 11万2200円
宮城県で家を建てるときの土地の広さ 66.3坪(うち39坪が家)

※「1平米」で表記されているデータは『3.3平米=1坪』として計算しています
※「土地の広さ」に関しては、「家の広さの1.7倍」というのが相場です
※参照データ : 『総務省』−「利用関係別、構造別、建て方別(住宅の工事費)/戸数、床面積、工事費予定額、1戸あたり工事費予定額、1平米あたり工事費予定額 」、『国土交通省』−「都道府県別・用途別平均価格表」

 

木造住宅を建てるときの相場が、
坪単価当たり59.4万円(木造)〜79.2万円(鉄筋)くらいが相場です。
また平成27年の宮城県住宅地の土地単価は坪当たり11万2200円程度です。

 

 

実践編:シミュレーションをしよう

上のデータを元に実際に一軒家を建てるとき、どのくらいかかるのか計算してみました。

 

木造の場合は、

家の金額 39坪×59.4万円=2316万6000円
土地の金額 39坪×1.7倍×11万2200円=743万8860円
土地+家の金額 743万8860円+2316万6000円=3060万4860円

 

鉄筋の場合は、

家の金額 39坪×79.2万円=3088万8000円
土地の金額 39坪×1.7倍×11万2200円==743万8860円
土地+家の金額 743万8860円+3088万8000円=3832万6860円

となります。

 

付帯工事もかかる

 

このほか、付帯工事としてかかる金額があります。
これは家の条件や立地などによって大きく変わるため、
一概には言えませんが、数百万円はかかる、とみておいた方が安全です。

 

それでは、代表的な工事項目を相場金額と併せて紹介します。

建て替えなど古い建物の解体工事関連費用 95万円〜125万円
測量・地盤調査費用 8万円〜10万円(うち測量費3万)
地盤改良・基礎補強工事 130万円〜330万円
造成工事 0万円〜35万円
ガス・給排水(本管引込)工事 50万円〜100万円
外構・造園等エクステリア関連費用 50万円〜200万円
空調・照明・カーテン等インテリア関連費用 140万円〜330万円
その他(TVアンテナ・通信回線)工事 1万円〜2万円
合計 約804万円

※項目や金額はケースバイケースで代わりますので、あくまで目安の一つとしてお考えください
※金額に幅がある場合は、その幅のなかの平均額を足して、合計を計算しています

 

諸経費もかかる

 

付帯工事と並んで、もう一つ気をつけないといけないのが諸経費です。

確認申請・竣工検査料 15万円〜25万円
建築工事請負契約書の印紙税 1万円
登記費用(所有権保存登記の登録免許税および司法書士報酬料)

木造34万円
鉄筋37万円
(うち司法書士報酬10万円として算出)

不増産取得税(計算額から標準税率で算出)

木造122万円
鉄筋153万円

住宅ローン関連費用(全額ローンとして) 金銭消費貸借契約書に掛かる印紙税 2万円
抵当権設定登記の登録免許税および司法書士報酬料

木造8万円
鉄筋9万円
(うち司法書士報酬5万円として算出)

火災、地震保険料 5万円〜30万円
給水・放流負担金や街並保全費等 0万円〜20万円
合計 木造215万円
鉄筋250万円

※項目や金額はケースバイケースで代わりますので、あくまで目安の一つとしてお考えください
※金額に幅がある場合は、その幅のなかの平均額を足して、合計を計算しています

 

この付帯工事費と諸経費を、さきほどの住宅建設費用に足すと、
木造の場合は4079万4860円(3060万4860円+804万円+215万円)
鉄筋の場合は4886万6860円(3832万6860円+804万円+250万円)
となります。

 

その他の費用について

 

直接、住宅を建てるお金としてかかる訳ではありませんが、こういった費用もかかります。

引越し費用 10万円〜30万円
式祭典費用 5万円〜15万円
その他(着工、引っ越し挨拶) 0.5万円〜1万円
合計 約31万円

※項目や金額はケースバイケースで代わりますので、あくまで目安の一つとしてお考えください
※金額に幅がある場合は、その幅のなかの平均額を足して、合計を計算しています

 

さきほどの金額に、この「その他の費用」も足すと、
木造の場合は4110万4860円(4079万4860円+31万円)
鉄筋の場合は4917万6860円(4886万6860円+31万円)
となります。

 

 

宮城県の住宅事情に関して

このように、宮城県の住宅の相場は、4110万円〜4917万円といったところになります。

 

宮城県は、平均地価は全国平均より低いですが、
東日本大震災による津波被災者の移転需要などで全体の価格は上昇しています。
特に東北地方の最大都市仙台では、
生活利便性の高い都市部で地価の上昇率も大きくなっています。

 

また、石巻市や気仙沼市などでも、
津波被害の無かったエリアで地価が急上昇しています。

 

鉄道路線は、JR在来幹線の東北本線と常磐線、山形県へ結ぶ陸羽東線と仙山線、
沿岸部をつなぐ気仙沼線、石巻線、仙石線の他、第三セクターの阿武隈急行があります。

 

仙台市では地下鉄が南北と東西を結び利便性も高いですが、
地方の路線は便数も少ないため、幹線や主要路線の沿線がおすすめです。
人気の沿線は、東北本線や仙石線、仙台地下鉄南北線のようです。

 

気候は、ほぼ県内全域で太平洋側気候ですが、北部と南部で多少異なります。
また東部は海洋性、西部は内陸性で、西部の豪雪地帯は日本海側気候です。

 

夏の酷暑は少なく冬の降雪量は東北の中では少ないので比較的過ごしやすく、
特に仙台など沿岸部は緯度の割に温暖です。
各地の気候に応じて構造なども考慮するとよいでしょう。

 

また、東日本大震災をはじめ過去にも、
地震・津波、台風・低気圧による大雨など被災の歴史もあるので、
特に沿岸部の標高や地盤の強度など防災の確認と備えをおすすめします。


 

 

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。