MENU

読者閲覧ページ 人気ランキング!!

我が家の中を覗いてみたい! (台所、居間、トイレなど各部屋、写真で大公開!)
お得な見積もりの取り方を知りたい!! (少しの手間で、100万円以上の差が!)
正しい業者の選び方を教えて。 (優良業者を見抜く4つのポイントとは?)

主要地域の特徴

一口に「家」と言っても、地方によって求められる形態は違います。

 

  • 風通しを選ぶか、高気密高断熱を選ぶか?
  • 太陽光発電は得か損か?
  • 屋根の形はどうしたらいい?

 

自分が建てる地方の特色を知りたい人にお勧めです。

 

主要地域の特徴記事一覧

地方によって住宅事情がかわるように、注文住宅のあり方もかわります。このカテゴリーでは、地方別の特色や注意すべき点を見ていきましょう。まず東北地方の宮城県です。宮城県で注文住宅を建てるときは、高気密高断熱の家にしましょう。宮城県は、言うまでもなく豪雪地帯であり、冬はとても冷え込みます。その為、夏に照準をあわせるのではなく、冬に照準をあわせた家造りが必要になります。また、上に関連して、陸屋根(平べった...

東京都は、ある意味日本におけるもっとも平均的な家を建てられる場所です。ただ土地代が非常に高く、ミニ住宅(極小住宅)を建てる必要があります。日本で最も土地代の高い東京都の平均坪単価は、何と256万円(小数点以下四捨五入)。これは2位の神奈川県73万円を3倍以上引き離し、ダントツトップです。ここまで土地代が高いと、「家を持たない」という事も選択肢の一つです。しかしそれでも東京都で注文住宅を、と望むなら...

石川県で家を建てるならば、宮城県と同じように、高気密高断熱がお勧めです。隙間風の寒さは、私自身もよく知っています。また全国的に見ても採光が少ないので、温室の設置が大変有効です。大掛かりなものがあれば嬉しいですが、ベランダに小さくつけるだけでも、日々の洗濯物や明るさが大きく変わってきます。陸屋根が駄目なのは言うに及ばずです。太陽光発電に関しては、平均値から見て大きく劣りますし、つける必要はないでしょ...

高気密高断熱が必ずしもいいという訳ではありません。それを証明するのが、愛知県における注文住宅です。高気密高断熱というのは、「外界」と「内側」を切り離す作りです。つまり、家の外と家の内側の寒暖差が非常に激しいのです。北陸などの寒い地方だとこれはとても有効です。しかし、温暖で風通しのいい愛知県の場合、これは逆にデメリットになります。まず高気密高断熱の家は、「窓を開ける」「外の空気を通す」事を想定してい...

中国地方に位置する島根県は、天候に恵まれているとは言えません。激しい寒暖差がないかわり、天気が一年を通して良くなく、日光量も少なめです。寒くはないのですが、ソーラーパネルをつけても、大した収益は見込めないでしょう。雪の量は多くなく、メンテナンス費用や破損の心配はいりませんが、発電量自体は石川県とさほどかわりません。初期費用に余裕があるなら入れてみてもよいでしょうが、無理をするほどではないです。サイ...

今回のカテゴリーの中でもっとも南に位置する福岡県は、九州最大の都市です。福岡県で家を建てるなら、当然夏向きの家を組み立てる必要があります。陸屋根と非常に相性がよく、スタイリッシュな外観を作る事が出来ます。ただし、意外に思われる向きもあるでしょうが、太陽光発電量は全国平均に届きません。全国平均に比べ、1割程度落ちます。福岡県は、都心部と都心部以外での土地代が大きく違います。その為都心部に建てるならば...

経験者が教える正しいマイホームの建て方

pic-my-home10.jpg

 

自分の家はほしいけど、

「調べることややることがいろいろあって、
何から始めたらいいのかわからない!」

と思っていませんか?

 

そんなあなたのために、私が家を建てたときの経験を元に、
自分の家を建てるために必要な手順を3ステップで紹介します。

 

簡単に実践できますし、このとおりに進めていくだけで、
後悔しない、大満足な家が建てられること間違いなし!

 

 

注文住宅について学ぶ

pic-my-home11
.jpg

最初にやることは、理論武装。
まず、注文住宅がどんなものかわかっていなければいけません。

 

うちのサイトの情報はもちろん、書籍なども使って、
一通りは勉強しておきましょう。

 

 

実際にいろいろな住宅を見る

pic-my-home12.jpg

家についての知識が身についたら、
次にやることはモデルルームなど、いろいろな家を見てみることです。

 

実際の家を見ることで、また違った情報や、
自分が本当に求めている家づくりが見えてきます。

 

私の家の中などもチェックして、参考にしてみてください。

 

 

自分に合った業者を選ぶ

pic-my-home13.jpg

STEP2までである程度、頭の中であなたの家の形が
できあがってきたと思います。

 

いよいよ業者探しです。
1つ1つ調べていくのは大変なので、まずは、一括比較サービス
各業者から資料請求をしてください。

 

 

各業者から資料等が届きましたら、
予算、工法など比較し、あなたにあった業者を選びましょう。
「業者の選び方」なども参考にするといいですね。

 

 


※一括比較サービスです。

 

 

 

一見、むずかしそうなマイホームもこのとおり進めるだけで、
かなり楽に、そして理想どおりの家が建てられるはずです。

 

ぜひ、素敵なマイホームで明るく楽しい生活を手に入れください。